邪魅の雫

セカイ系否定をベースとしたストーリが新鮮で面白かった。その為にか関口視点はなく益田、青木視点でシリーズ主要人物達を外側から見ている。必然的に読者もセカイ系視点でいられなくという作りで構成されているのでいつもの京極作品にあるあの酩酊するような感覚は味わえなかった。が、その分主要人物達の意外な一面が楽しめセカイ系を内包した人が世界を認識する瞬間の感覚が心にキタのでほぼ満足。ネタバレになるのであまり具体的なことは避けるけど唯一残念だったのは犯人に魅力を感じることが出来なかったことかなぁ。

邪魅の雫 (講談社ノベルス)邪魅の雫 (講談社ノベルス)
(2006/09/27)
京極 夏彦

商品詳細を見る

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ